会社概要

経営理念

ごあいさつ

当社は昭和34年札幌中央卸市場開設と同時に仲卸業として営業開始から半世紀がたちました。
平成23年本社ビル隣地に建築した新冷蔵設備を備えた新配送センターを駆使し物流システムを構築し物流拠点として、お取引様に対し今まで以上に、豊かでゆとりのある且つ安全、安心をプレゼンスが出来るような、柔軟で感性豊かな、積極提案型なシステムの充実を計って対応していきます。
食の安全、安心な青果物を安定的に供給することでお取引様の信頼を得られることを心掛け、鮮度管理、品質管理、商品管理の徹底をしてまいります。
当社がこのような時代の変化に即応できたのも、ひとえにお取引様のご支援の賜物と感謝しておりますともに、このご支援にお応えできるよう、これからも一層の努力を続け、お取引様の発展に微力ながら寄与してまいる所存です。

  • 代表取締役社長 丹羽 豊彦

会社概要

事業者名 株式会社 池広
本社所在地 札幌市中央区北12条西19丁目36番地 池広ビル3F
市場事務所 札幌市中央区北12条西20丁目2番2号
TEL / FAX 本      社  【TEL】011-631-4182 【FAX】011-643-0967
市場事務所  【TEL】011-631-1405 【FAX】011-631-1407
会社設立 昭和35年8月  仲卸業務許可受諾
代表者名 谷川 南海男
資本金 5,000万円
商い高 73億
決 算 3月末
人 数 役員7名 社員数54名
協力関係会社 (有)マルヨ青果
主要取引銀行 北海道銀行中央市場支店、北洋銀行北5条支店、北海道信用金庫中央市場支店
みずほ銀行札幌支店、北陸銀行琴似支店(順不同)
主要販売取引先 アークスグループ、株式会社産直フレッシュ、北雄ラッキー株式会社、イオン北海道株式会社
マックスバリュ北海道(株)、(株)ダイイチ、(株)豊月(フードD)(順不同)
主要仕入取引先 丸果札幌青果株式会社、札幌ホクレン青果株式会社、株式会社ユニオン
樽一小樽中央青果株式会社、生産地
業務形態 札幌市中央卸売市場 青果仲卸

会社沿革

昭和34年12月 創業者 池端 広が札幌中央卸売市場開設と同時に青果仲卸業開始
昭和35年8月 仲卸業務許可受諾、有限会社池広商店設立
昭和63年 谷川 南海男 代表取締役社長に就任
平成4年6月 有限会社池広商店を株式会社池広に組織変更
平成7年10月 本社ビル完成
平成23年7月 低温貯蔵配送センター(セブンティーン)完成
平成25年4月 谷川南海男 代表取締役会長に就任
平成25年4月 丹羽豊彦 取締役社長に就任
平成27年4月 丹羽豊彦 代表取締役社長に就任

組織図

組織図

※組織図をクリックすると大きくなります.

役 員

代表取締役会長 谷川南海男

専務取締役 高橋裕史

常務取締役 信田裕夫

常務取締役 小谷日出登

常務取締役 谷川貴弘

社外取締役 菊地豊